VR360度パノラマコンテンツをホームージに埋め込むと見た目は変わる?

むさしのグランドホテル&スパ様にてパノラマコンテンツの作成をさせていただきました。

まずは作成したコンテンツをご覧ください。

パノラマコンテンツをホームページに埋め込む2種類の方法

1直接自社のサーバーにアップロードし表示させたい場所に埋め込む

2弊社のサーバーを経由して取得したタグ(URL)を埋め込む方法

メリットとデメリット

自社サーバーにアップロードするメリットとデメリット

自社のサーバーを使うのでランニングコストがかからない。

360度パノラマコンテンツはデータが普通の画像より重いのでサーバーによっては表示が遅くなったりと多少負荷がかかります。

自社でサーバーにアップロードしたり、特定の場所に埋め込む知識が必要になる。できない場合は業者に頼むためコストがかかる。

弊社のサーバーを経由し表示させた場合のメリットとデメリット

弊社のサーバーを使い表示させるのでサーバーは軽いのですが1年間で1万円のコストがかかる。

URL(タグ)をサイトの中に貼り付けるだけなのでサーバーにファイルをアップロードしたりする必要がなく簡単。

WebサイトにVR360度パノラマコンテンツを埋め込むとどのような見た目になるのか。

それでは本題のパノラマコンテンツをWebに埋め込んだ場合を実際に見ていただければと思います。

むさしのグランドホテル&スパ オフィシャルサイト

お部屋も360度で見えるようになっております。 お部屋を360度で見る

 

このようにwebサイトがとても豪華になり、ユーザーに対してインパクトと安心感を与えることが可能です。

弊社ではストリートビューだけでなく低価格にて360度パノラマコンテンツをご提供し皆様のお役に立ちたいと思っておりますので、いつでもお問い合わせください。

MEO対策やGoogleストリートビュー撮影はRobots Visible

関連記事

  1. Googleストリートビューを1眼カメラで撮影する理由

  2. 店内版のストリートビュー撮影費用の相場はいくら?

  3. Googleストリートビューとパノラマコンテンツの違い

  4. 店内版Googleストリートビュー撮影をなぜ依頼するのか?『デメリット…

  5. ストリートビュー撮影が4500円!『無料特典付き』

  6. Googleストリートビューの撮影方法と使用機器と使用ソフト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。