Googleストリートビューとパノラマコンテンツの違い

Googleストリートビューとパノラマコンテンツの違いは情報を画像の中に埋め込むことができるかどうかが大きな違いです。

ストリートビューの使い方はGoogleマップに掲載して店舗名などで検索した際にお店の中を360度見せたりストリートビューに載せることを目的としております。

パノラマコンテンツは自社のホームページに埋め込み、サイトに動きを出したり360度画像の中に情報を入れることでユーザーにインパクトを与えることができます。

弊社では折角360度の撮影を行うのであれば同じ画像を使ってストリートビューもしくはパノラマコンテンツも作製した方が有効活用できると考えております。

先日撮影させていただいた八王子にあるペットサロンのLi’ldogさんのストリートビューとパノラマコンテンツを例に実際にどのように違うのかを検証してみたいと思います。

Googleストリートビュー

  • グーグルマップに登録し掲載できる
  • 店舗名でグーグル検索すると360度の店内や施設内を見せることができる。
  • Googleのマイビジネスを充実させることにより多くの情報をユーザーに与えることができる。

360度パノラマツアー

  • 画像の中にさらにWebサイトのリンクや詳細画像など情報を埋め込むことができる。
  • 自社のWebサイトに大きなインパクトのある見た目を演出できる。
  • VRゴーグルに対応させることができる。

※棚の上の方のワンちゃんの画像やtrimmingの文字をクリックすると専用ページに飛びます。

以上のように同じ360度の画像を使えるのでストリートビューパノラマコンテンツも両方制作した方がお得かと思います。

弊社では価値のある丁寧なコンテンツ作りを常に心がけており作製したコンテンツが無意味に消費されるのではなくお客様にとって更に価値が上がるようなご提案を致します。

MEO対策やGoogleストリートビュー撮影はRobots Visible

関連記事

  1. ストリートビュー撮影が4500円!『無料特典付き』

  2. 店内版のストリートビュー撮影費用の相場はいくら?

  3. VR360度パノラマコンテンツをホームージに埋め込むと見た目は変わる?…

  4. ストリートビュー撮影依頼『歯医者さん』『歯科医院』

  5. Googleストリートビューの撮影方法と使用機器と使用ソフト

  6. 店内版Googleストリートビュー撮影をなぜ依頼するのか?『デメリット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。